読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

芸能人のがん闘病ブログ

芸能人は自分の情報を発信して、一つの宣伝効果を期待してブログをやっていると思う。

テレビに出ている人の日常を知ってもらい、身近に感じたりしてファンを引きつける。昔は芸能雑誌とかがこの役割を担っていたと思うが、雑誌自体が衰退した今代わりにブログを使っている。

 

病気のブログをする人もいる。個人の情報発信だから自由だけど、特にYahooは小林麻央のそれをすぐにピックアップしてトピックに載せる。偽すぎだ。ブログを書くくらいだから、本人またはそのゴーストライターは拡散することを歓迎するかもしれない。でもちょっとやりすぎだ。闘病中または寛解した人の中には、こういうのを見ないで忘れたい人も多くいる。私はそれほど気にしないが、どちらかというと見たくない。自分の入院やその後の苦しかった頃を思い出さされるからだ。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000004-dal-ent

首の張り

ここ二、三日は首の左側、すなわち手術側がよく攣る。先週まで何ら問題なかったのに急になった。思い起こせば腕立て伏せとかを少し増やしてやったからかもしれない。やった直後は左側の肩が攣ったしその後遺症のような気がしている。今後どうしようか、負荷を少し軽くしてやっていこうと思う。

 

所でもうすぐ連休だ。去年は、肺の手術のあと退院して2週間経過した頃で順調に回復していた。そのあと、4月末になると高熱が出て、調べると傷口が少し化膿したりで、洗浄を毎日していた頃だ。ちょっと痛かったけど、許せるレベルだった。

今月とGWの予定

来週は海外出張することになったので、元々予定していた呼吸器外科の予約を1週間延期した。UFTは1週間くらいは余分にあるので、大丈夫だ。今回思ったが、こういうこともあるので、もう少し余裕を持って薬を備蓄したいな。

耳鼻咽喉科は、5月中旬も予約なのでまだしばらくある。

呼吸器はその次の予約は、6月の後半になるだろう。

あと一ヶ月でUFTの一周年だ。半分だ。

 

 

1年前、急に思い出したシリーズ

去年肺の手術をした後に、ICUに入った。その時酸素チューブをつけた。透明の細いチューブで、鼻の下につけるやつだ。

2年前もつけていたけど、その時は色々と余裕がなくて気がつかなかったが、酸素の出方が不思議だった。息を吸うと、酸素出力スイッチが入るようになってる。そう、息を吸うとプシューとか言って穴から酸素が出てくる。

どういう仕掛けなんだろう。

UFTの副作用

副作用が少ない抗がん剤で、経口で1日2回、150mgx2を毎日摂取している。2年間継続するなか、今は10ヶ月経ったところだ。

これといった目立った副作用はない。細かいのはある。

湿疹がおでこや胸の上部にちらほらで目立つとは言えないが、あることはわかる。

味覚は影響を受けると書いてあるが、すでに放射線治療の後遺症でやや味覚が鈍ってるので、分からない。

あとはめまいということも書いてあるが、これは殆ど感じない。稀に、坂道を登って歩くとき息切れとともに軽いめまいがあるけどこれが運動のせいなのか、UFTのせいなのかなんとも言えない。

ま、生活を維持できているので副作用はかなり少ない方と言えるのかもしれない。

首があんまりつらない

2ヶ月くらい前は、1日に何回も首の左筋が攣っていた。別に何かをするとそうなるということでもなく、じっとしていてもそうなるときはなる。

で、1、2分すると治る。

でもここ2週間くらいは何故か攣ることが無くなった。理由は分からない。ひょっとすると外気の気温かもしれない。寒いと攣り易くなる? とか。

 

恒例の、今の体調報告

最近の体調は良い感じです。

 

嚥下は、依然として唾液不足のため多少注意をします。水は必須だけど、毎月少しづつミクロの進化をしている感じ。普通に何でも食べる感じです。でも、辛いものは未だに苦手のまま。以前は結構好きだったけど。

 

味覚はまだ少し弱いので、他の人よりも濃い味が好きになっている。

 

首の可動範囲はこれも少しづつ広がっていて、いい感じ。

 

左腕の動きも未だに正面からあげると90度までしか上がらない。

 

最近はスクワットに加えて腕立て伏せを膝をつきながら開始した。これで腕と胸の筋肉を増やそうという計画。

 

呼吸はいい感じで、1年前に肺の下葉を取ったことを忘れるほど。

 

UFTも来月で服用1年間を迎える、あと1年だ。

大腸検査クリア

予定通り、13時過ぎにクリニックに到着。受付を済ますと、控え室に通された。着替えるように言われて上下クリニック指定の紙のような衣類にチェンジした。5分もするとナースに呼ばれて、診察室へ。そこで点滴をインサートして、間も無く麻酔が注入されてそこから記憶がなくなった。気がつくと控え室にいた。1時間くらい寝てたことになる。

その後先生の話を聞いて、腸は綺麗だから問題ないことをいわれた。安心だ。

で、次回は3年後に受診するようにリコメンドされた。写真の映像も意外と綺麗だな。

 

 

f:id:nyama825:20170330155650j:image

明日は大腸内視鏡だ

明日は予約の通り大腸内視鏡を受ける。自宅の目の前のクリニックに行く。下剤を飲みまくるので、自宅近くの方が安心だ。下剤を飲んで電車で通勤は嫌だから休暇を取っている。

1ヶ月前のドックでは鮮血は確認されてないので、少し気は楽だが、ポリープがよくできる部位だから結果を見るまで安心はできない。

とりあえず夕食は多めに食べた、明日は最初の食事にありつけるのが3時ごろと思われるからだ。