読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

歯医者でクリーニング

2015.7月に放射線治療が終わってから、二、三ヶ月ごとに歯医者に通っている。虫歯の点検とクリーニングが目的だ。

放射線治療の後遺症で、原則抜歯が出来ない身なので日頃からの点検が重要と思っている。

幸いにも自宅近くの歯医者さんは、がん研にもいたことがある先生なので、いろいろと理解が早いので助かっている。ただ、話好きなので治療中ずっとクリーニングがいかに大切かを語り続ける。こっちはあーんの状態だから相槌も打たないので、少し困る。

ということで、無事クリーニングが終わり、2ヶ月後にまたやる予約をした。

 

鼻水が出る

昨日の耳鼻咽喉科の診察ではいつも通り、スコープを経鼻で挿入した。

その時はいつも通り、挿入前にスプレー式の麻酔をシュシュと両鼻にやった。

そして、いつもは診察後30分くらいは少し麻痺してる状態が続く。その間やや鼻水が多めに出たりする。昨日は鼻水が何時間もつづいた。まるで花粉症になったかのように、サラーっとしたタイプが出た。風邪を疑い、夜は風邪クスリを飲んで寝た。朝起きると、少しだけ鼻水が出るが、昨日の十分の一くらいだ。

風邪クスリが突然効果を発揮したか、あるいは瞬間的にスコープ起因で鼻炎みたいになったのかも。ええ

耳鼻咽喉科クリアー

3ヶ月ぶりの耳鼻咽喉科診察だった。いつも通り、スコープを入れてイー、エーっとルーチンをやって綺麗なことを確認した。ひと安心。

首の突っ張りはまだあることをせつめいした。これもいつも通り。

予定通り、8月のCT予約をした。前回が2月に検査したので想定通りの6ヶ月毎の検査となった。

いろんな診察の中でやっぱりCTが一番気が重いというか、気になるな〜。

でもとりあえずは、今日は無事完了なのでハッピー。

水曜日は耳鼻咽喉科

3ヶ月ぶりの耳鼻咽喉科の受診だ。

定期の間隔が3ヶ月になったので、久しぶり感がある。いつものように2時間くらい待たされると思うが、本当に毎回そうなのでそういうものだと咀嚼している。

スコープを鼻から挿入して、エー、イーのルーチンになるだろう。

8月のCT予約もすることになるかな。

上海に2日間

出張してきた。

最近は再び海外出張が増えてきたし、どってことはない。

気になっていたのは、空気と食事。

両方とも問題なし。

空気は北京が最悪で、上海も光化学スモッグ的に良くないかと予想したけど、たいしたことなく東京都さほど変わらない。

食事は過去の経験から問題ないことは予想できたが、野菜が少ないかもと思っただけ。特に問題なし。

機内食がイマイチかな。

ということで、無事帰国した。

 

体温を上げる努力

免疫強化には体温が高い方がいいという。

体温を上げるには、食べ物、入浴、筋肉量、などで努力をすることで効果が出るという。

ま、考え方は理解しても中々実施特に継続するのは難しいものだ。

言い訳は抑えて、なおかつできる範囲で努力を開始した。朝の体温が36.6-8くらいなので日本人のほぼ平均くらいだろうか? これをあげたい。

まずは、根菜類とか体温を上げる野菜を増やす。

そして肉はできれば減らす、食べる時も鶏肉を優先する。

糖類は一度に多くを摂取しない。

ネットで色々調べたにわか知識だけど、とりあえずやってみよう。効果はそのうちレポートします。

睡眠不足

基本的に睡眠不足になっている。

これは単純に首の張りがあり、寝返りの角度次第で突っ張りが強まって、眼が覚めるから。

枕は3種類持っていて、重ねたり角度を変えたり未だに試行錯誤が続いている。

左側がリンパ廓清の方だから、頭は基本的に左側に傾いている。だから寝るときも左を下にするのが楽だ。つまり、頭が左に倒れてそのまま枕に密着という具合で。

これでも少しずつ良くなってきてる。

いつか心配なくなる日が来るかも。

今月の体調報告

先月に今月も順調に来てる。

咽頭がんステージ4手術から2年と1ヶ月、放射線治療終了から1年と10ヶ月、

肺がんステージ1aから1年と1ヶ月、UFTを飲み始めて11ヶ月、

が経過した。

いわゆる5年まではまだまだだけど最近は意識するようになって来た。

 

咽頭のほうは、首の張は相変わらずで左側に引っ張られる。意識しなければどってことはないけど、右側に首を回すときはやはりキツめだ。

唾液は少ないままで、食事の時は水が出ばなせない。

味覚はやや薄い感じだけど少しずつ進化している。

左腕をあげる僧帽筋がないのは変わりようがないから、腕を正面にあげると地面と平行になったところで止まる。それが限界。

肺の方は、何も意識をしないれいレベル。唯一、手術をした側の右背中にクッションがあったり圧迫すると筋肉痛のようになる。すぐに消えるけど。

 

体重は、2年前に8キロ一旦落ちたあと、1年後には3、4キロ戻り、いまではさらに2、3キロ増えた。結果として手術前に対して4キロ落ちたところだ。でも元々肥満注意だったので今はギリギリ肥満から外れた。

呼吸器外科クリアー

f:id:nyama825:20170502130154j:image

連休前だからと思うが、普段より待たされた。

血液検査に30分、いつもの倍待つ。

診察は1時間待ちで、これもいつもの倍。

呼吸器の診察はいつも通り、問診だけだ。そして処方箋を出してもらう。いつも数分で終わる。血液も問題なくいい感じだ。

次回は6月末にした。

耳鼻咽喉科は、今月末に診察で多分その時に8月のCTの予約をする運びだ。

首の張りは残るがミクロの単位で良くなって居る。味覚も良くなってると思うけど、元の味覚レベルがもはやわからないので、少しずつ良くなってると信じているというのが正しい表現かもしれない。

 

今週火曜日は呼吸器外科の診察だ

二ヶ月ぶりの呼吸器外科診察だ。

UFTの処方もしてもらうので、2ヶ月毎に診察がある。

前回2月にやったのでCTの次回は多分8月なので、今週予約を入れることになるかもしれない。