ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

歯医者

今日は、歯医者の日だ。

隔月でかよっている。これは、虫歯の予防だ。クリーニングをする。今のところ、虫歯が発見されてないので、嬉しい。でも、歯周病とかは、加齢とともに老朽化する歯茎が原因だから、特に注意をしている。

頭頸部分の放射線治療をしたひとは知っているように、抜歯がとても危険だからだ。放射線治療の後遺症で、顎周りは自己治癒力が絶滅してるらしいので、治らない。だから、抜歯は手術同然の処置を必要とするらしい。想像するだけで怖い。

だから歯ブラシは念には念を入れてやっている。

熟睡

首の手術をして、どうしても左側が引っ張られるので、基本的に自然体でいると頭は左側に少しだけ傾いてしまう。言わないと気がつかないレベルだけど、確実にそうなっている。

そうなるくらいだから、寝るときも色々と気を使う。

例えば仰向けで寝るときは比較的低めの枕がフィットする。

でも、横向きに寝る場合は、頭が背骨とまっすぐにしたいので枕は少し高めがいい。

寝るときの向きによって、低めの枕の場合と、高めが必要という事情になってる。

でどうするかというと、枕を2つ準備して半分重ねる。仰向けのときは重なりがない1つの枕の高さで、横向きになるときは2つが重なっているところで寝る。

ところで、この首の事情の原因は手術でカットしたため、筋肉が切れて弱っていることにある。未だに左腕は肩の高さまでしかあげられないし、多分トレーニングしても筋肉が断裂してる部分がある限り、これ以上可動範囲が広がる感触もない。ということで、現状が限界なのかもしれないのでこれ以上の期待はせず、これでやっていこうと思っている。未だに1日3回くらいは攣るし。

 

最近の体調

11月になり、今年も残り二ヶ月を切った。

 

最近は、ほとんど健常者になったことはここに書いた通り。中咽頭手術から二年と7カ月、肺は一年と7カ月、放射線治療が終わって二年と4カ月というところだ。

唾液の問題と左腕が途中までしか上がらないこと以外は、気になることがほとんどなくなった。

味覚のうち辛みは未だに強く感じる。

昨日インフルエンザの注射をした。そのときに先生から、帯状疱疹を知ってるか?ときかれた。疲労とかにより、湿疹が出てくる奴?と答えたら、そうだという。そして!先生によると、五十代になると免疫が弱くなる。すると水疱瘡とか過去のウィールスが目を覚まして活性化するらしい。すると急に発症すると。予防するワクチンがあるとか。今度主治医にきいてみる。

嚥下のこと

一般的な人は嚥下のことを考えるとこはそうはない。

咽頭手術をしたひとは、大小あれど嚥下の苦労はあるはずだ。私は、術後はかなり苦労したけど時間とともによくなってきた。それでも、今日のじてんでまだまだ苦労する場面がたくさんある。例えば下にかく食べ物は苦手なままだ。

冷めたご飯

せんべい

ビスケット

クラッカー

もち

パン

 逆に得意な食べ物は、

麺類

炊きたてご飯

豆腐

納豆

味噌汁

 

要は、水分が多いかどうか。

時間と共に、少しずつよくなってるけど、かなりゆっくりだ。ま、気長にやってこう。

呼吸器外科の診察無事終了

 

二ヶ月おきの定期診察だった。

八月のCT診断の速報はすでに聞かされてるけど、画像診断医師のレポートはまだみてないので、見せてもらって問題ないことを確認した。

次に今朝の採決結果を聞いた。肝機能の数値が若干高めだけど、問題はない。

最後にいつも通りUFTの処方箋をもらって終了。

次回は、12月末の予約をした。


f:id:nyama825:20171024130758j:image

カウントダウン

最近写真のようなアプリをいれてみた。

これで、任意の日程までの日数をカウントするやつだ。

最初の目安が中咽頭の三年間だ。そこまであと154日か。再発曲線とか、確率をみると、二年目までが高くそこからL字のように低減するみたいになってるから、三年目が一つの節目と思っている。

頑張ろう。

 

 

f:id:nyama825:20171023124336j:image

最近は順調だな~

最近は普通の人のふつうの生活をしているから、これといって変化がない。味覚もほぼ普通になったように自分では感じているけど、多分元々とは少し違うんだと思う。少しでも辛いものを食べるとかなり辛く感じて汗がでる。

ゆで卵を水なしで食べてみようとしたら、窒息気味になって、急いで水を飲んでセーフ。

 

首の写真 手術後二年7ヶ月

 最近の首の状態は、こんな感じ。首の切除線はかなり薄くなったので、わかりにくくなっている。でも、ちょっと力を入れるとみての通り筋がピッと張る。別にいたい訳でもないが、張っている感触はある。

 


f:id:nyama825:20171015210851j:image


f:id:nyama825:20171015210849j:image

次の診察は24日

次の呼吸器外科診察は今月だ。

例によって、採血をしてそのデータを見ながらの診察をして、最後にUFTの処方箋をもらうと言う段取りになると思う。去年3月末に胸腔鏡下の手術をして、1年と7ヶ月が経過したことになり比較的順調に時間は過ぎてきた。

この調子で頑張って行きたい。

糖質抑制

最近読んでるブログとかサイトによると、糖質ががんの1つの有力な原因だという。

 

ライザップじゃないが、糖質は抑えるのがいいという。そう言われると、がんは糖質を好む性質があると読んだことがある。だからPETの造影剤は糖質なんだとか。

 

糖質は砂糖が思いつくが、実は一般人にとっては炭水化物がその摂取源であることが多い。

努力をしてみようかな。

昨日TVで血糖値を簡単に計測できるパッチ式の装置が保険適用されるようになったとのこと。直径3センチくらいの円形のプラスティックを二の腕にパチっと貼り付ける。その円形には細い針が付いていて血液をサンプルして血糖値を測ると思われる。そこにスマホの半分くらいの大きさの装置を近づけるとその瞬間の血糖値がわかる。画期的だ。