ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

急に思い出したシリーズ

咽頭の手術直後の様子。

2015/03の手術直後、初めての全身麻酔だったし、目が覚めたのはエレベーターを待つベッドの上だった。ナースに声をかけられて、熟睡から目覚める感覚だった。多分予定通りの目覚めだったのだろう、そこからナースはベッドを動かし出した。間も無くエレベーターに乗り、14階の病室に行った。

前にも書いたようにこの時点では、声が出なくて動くのは右腕だけとういう状態。下半身は動くが、上半身にチューブ系がたくさん刺さってるのでむやみに動けない状態だった。

家族に言わせると、動いてるのは目だけだったという。その中声が出ないので、代わりに筆談でやった。声が出るようになるまでこの後四日間かかるので、そこまでは筆談だ。

最初の半日は麻酔の影響か頭は混乱していた。ノートを見るとわかるが、なぜか文字が逆向きだったりひらがなの「ま」の丸のところが鏡に写したように逆に行ってたり。いずれにせよ、それまで経験したことがないような混乱状態だったことは間違いない。

父親が脳卒中を起こして入院した時、数日経過して少しづつ話ができるように復活したら、何と日本語よりも英語に方が話しやすいと言っていた。かつて米国駐在とかして英語を使って生活していた時期があるのは確かだけど、それも何十年か前の話だ。よくわからないが、英語を話すときに使う脳の部分はセーフだったのかもしれない。不思議なまま未解決。

水曜日はドックだ

毎年恒例の人間ドックという名の検診をする。

内視鏡は自宅近くで別に頼むので、ドックの中で意味があると思うのは、腹部の超音波で肝臓のチェックと血便のチェックくらい。血液は隔月ですでにやっててそこで腫瘍マーカー見てるし。

来月はCTやるから、レントゲンはま、意味ないし。

そんな低レベルな検査に何で個人負担で二万円強も払うのか納得できない。

健診ビジネスが儲かるわけだ。

インフルエンザ流行

毎年いつもこの時期はインフルエンザが流行る。

今年は多くが罹患している。

注意しよう。

1日4-5回手を石鹸で洗い、アルコール消毒を同じ回数やってる。これで手が荒れそうだ。さらに、会社のデスクを朝消毒液で拭く。何とか乗り切りたい。

http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/19/infuruenzatrend_a_23337814/

急に思い出したシリーズ 嫌だったこと

2015年3月の入院と手術以来、色々と治療と検査をやってきたが、その中でももうやりたくないというものを書いておきたい。トップスリー、

3位 気管支内視鏡。 2015年末にやった。肺のCT画像に写った小さな影ががんかどうかを調べる検査。細胞を取って、精密検査をするというもの。

術前に局部麻酔のため、口からスプレーを噴射する手法だ。これを100ml位やる。それも気管支側、肺に入るようにしなければならない。すなわち、液体のスプレーを呼吸するように吸い込む。むせるむせる。涙が出た。

 

2位 放射線治療口内炎。 1ヶ月半に及ぶ放射線治療の三分の一を過ぎたあたりから、終了後1ヶ月までの約2ヶ月口内炎よ喉の痛みに耐えなければならない。口内炎が同時に5個。喉は扁桃腺の感触で、液体を飲みこんでも痛い。口も大きく開けられないから、柔らかいものを多く食べる。主食はお粥になった。

 

1位 カニューレ、呼吸穴からのタンの吸引。 中咽頭手術の後、2日目から3日間、1日四、五回やる。首の付け根の空気穴から、気管支に溜まる痰を掃除機のチューブ型で吸い取る。これが痛い痛い。口からチューブを入れて吸入されて、そのちゅーぶをグリグリ動かすイメージ。これを夜中も含めて、四、五時間おきにやっていく。夜中は個室の引き戸が開くと、吸引か? と恐怖に怯えた。

最近の体調

ここ1ヶ月は体調が良い。
インフルエンザになってないし、これからなる可能性はあるけど注意しておくが、いずれにせよ今は大丈夫だ。

唾液は、少なめで変わらず。煎餅とかは、水がないとやばい。
嚥下も、よくはなるが後退はしてない。
味覚も同じような感じ。味は完全にわかるが、多分薄く感じてると思う。
首の左側の張りは、変わらずある。1日にニ、三かいつる。
肺活量は、問題なく普通だ。
たまに運動のため階段で6階とかを上がるが、そのときは結構息が上がる。
今月は、人間ドックがある。
2月はCTがある。
内視鏡も予約しなきゃ。

2018年は、四年生に

3月末になると、中咽頭が3年、肺が2年、それぞれ手術から経過したことになる。
つまり四年生と三年生になる。
色々あったが、ここまでは順調に来たといえる。
今でも、酒タバコはしない、睡眠は十分に、散歩を意識して歩く、喫煙できるレストランには行かない、体温を上げる食材も習慣を意識する、などはあまり考えることなく出来るようになってきた。
年齢が50歳なので、老化とのバトルでもあり頑張る気持ちを持って生活する。

リュック導入

 

以前にも書いた通り、首リンパ郭清手術の後遺症で左腕が肩の高さまでしか上がらず、なおかつその制約と同じ筋肉の原因で重たいものは左腕で持てない。肩の筋肉を使って、腕や荷物をぐっと上に上げる動作ができないということ。

通勤用の鞄は、短時間なら左腕で持ち歩くこと可能で問題ない。でも、中身にパソコンが入ったり一泊出張の荷物が入ると重たくてややキツイ。

でも、運動のためになるべく歩く努力をしなければならない。通勤で歩く時間を増やすのだ。

これを実行するには、リュックが欲しくなる。腕の問題が解消できる。

ということで購入した。

年明けの通勤から導入だ。

多分だいぶ楽になると思う。

2017年ももう終わる

健康面では比較的順調な一年だった。
年初にインフルエンザに罹患したが、それ以外は風を引くこともなく、順調だった。
咽頭の方は、相変わらず張りがあるが、なれた。
味覚も牛歩のように良くなっているが、今後は時間をかけて良くなるのを待つのみ。
唾液は少ないけどある。これは、なかなか良くなってこないな〜。
左腕が肩の高さまでたにしか上がらないのも、良くならない。これは断裂してる肩の筋肉のせいだから、これ以上は期待できないかな。
肺は、息切れが早くなるけど、生活で困ることはない。
歩数計で毎日7000歩以上を基準に計っている。ほぼ毎日超えてる。来年は8000平均を狙おうか。

UFTの副作用?

去年の5月からUFTを飲んでいる。
来年のみ5月で二年間たつので、終了だ。 
処方の種類はいくつもの方法があるようで、私の場合は1日二回朝と晩にのんでいる。三回のひともいるみたいだ。
最初にもらった資料によると、副作用がゼロでなく、いろいろと書いてあった。便秘、湿疹、この他いろいろ。実はこの二つの症状が私の場合少しでている。便秘というほどでないが、たまーにお通じがない日がある。元来は、かなり毎日の体質だから!いわかんはある。湿疹は肩と首周りで、目立つほどでないが!ざらざらしてる。どっちも気にする程なく、そのままで生活を続ける。
以上

声の質

咽頭の手術をした直後から、4日間は首の付け根にカニューレが入っていた。

だからその穴から呼吸をしていた。だからその間は匂いも感じないし、声もでない状態だった。

カニューレを抜いて、やっと声が出るようになったが最初は大きな声が出ない。カニューレの跡からくうきが漏れるからだ。1ヶ月すると完全に穴が閉鎖する。その時点でしっかりとした声がでるようになる。

でも、浮腫があったり、口が大きく開かないとかで実際にはハリのある声はでない。

術後半年もすると漸くこえが出始める。その時点で気がつくのは自分の声の質が術前とは少し違っていることだ。別に変な声になるわけじゃない。普通だけど、喉の中の形状が手術により変形しているのは事実であり、それにより音の反響が変わったんだと思う。通りが良くなった感じだ。

ま、いいか。どっちかというと、術前はこもりがちの声だったけど、少し抜けが良くなった感じだ。