読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

PETーCT 結果は、シロ

1月8日にやった検査の結果を聞きに呼吸器内科の診察に行った。
画像診断の結果はとっくに出ていたが、自分の海外出張もあり、間が空いてしまった。結果はシロで、原発も遠隔転移も認められないとのこと。これは安心した。
でも、肺の結節は依然消えないので、今後どうするかを決めなければいけない。
今日の先生から提示された選択肢は2つ。
そのまま経過観察、または手術で疑わしいところを切除というものだ。
通常のレントゲン撮影しかしていなければ、この結節は多分見落としているレベルの、淡い画像だそうでCTをやったからこそ発見された。
後悔なき治療選択、がこれまでの自分の基準なので切除してしまいたい気持ちはある。しかし、腔鏡なのか開胸なのかまだわからない。これは呼吸器外科の専門だそうだ。
悩んでも進まないから、セカンドオピニオンを求めるように動いてみることにした。その場合でも、どの先生を訪ねるのかは自分で決めなけりゃいけない。これはこれで相談をしながら探す、数日で。
一難去ってまた一難。