読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

風呂と首の穴

今では全く気にしないが
退院して2週間ちかくは、首の付け根の穴が気になった。
術中と術後は呼吸口を確保するために、首の付け根に穴を開けて3センチ長のパイプをいれていた。
入院4日目でこれを取り出すが、縫合しないから自然に傷口がふさがるのを待つことになる。
3センチくらいのきった跡があって、退院する時にはその半分くらいは閉じている。
残りの半分が閉じるまで2週間くらいかかる。
その間、ガーゼを患部にあてて、その上にテープ式包帯を圧迫しながら貼る。これで穴を空気が通らないようにしながら、塞がるのを待つ。
強い咳が出ると首から空気が漏れてるのがわかる、
シャワーに行くときは、ガーゼの上に小さなタオルを置いて、ビニール袋を貼って穴の部分が濡れないようにした。これは水が入らないようにするのと、乾燥状態を維持して早くふさがるようにするためだ。
こういうのが2週間くらい続く。
最後はふさがって、今では気にならないし、見た目も首付け根のシワに紛れちゃった。