読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

今日は耳鼻咽喉科受診

結果はokでした。

 

いつも通り、待たされること1時間呼ばれて入室後問診、スコープと続いた。

 

8月のCTの画像診断所見も印刷をもらった。

 

スコープの画像を見ると、浮腫は2ヶ月前よりもやや縮小している。それと、切除した箇所を埋めるように正常な部分が伸びてきている。これで嚥下も良くなっていくでしょうとの先生コメントだった。ただ、唾液は少なめで喉が乾き気味とのコメントもあった。

前回から2ヶ月おきになったので、毎月の時よりもやや入念にスコープを動かして見ているようだ、ありがたい。

 

そして8月のCT検査について。

問題なし、所見にもそうs書かれている。それにしても、レポートの用語というか日本語が特殊だ。有意とか出てくるし。その検査結果を聞いていて初めて聞いたのは、前回のCTは腰の部分も撮影していたということ。これにより、前立腺も癌チェックをしてくれている。ネガティブだ。よかった。

 

肩の筋肉が落ちている件も聞いたところ、筋肉はつかないが可動範囲を広げるのは努力次第とのことなのでストレッチを継続しようっと。

 

次回は12月上旬だ。