読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

カニューレ

 急に思い出したので、書いておこう。

去年4月に手術、入院した時の4、5日は写真のようなカニューレと呼ぶ呼吸管を首の付け根に装着していた。首の穴からこれを体内に入れて、呼吸の穴を確保する装置だ。

この穴に吸引チューブを入れて超痛い痰吸引をしていた。

それと日中は、この穴に痰を溶かす水蒸気を出すチューブを装着して20分位呼吸をする。大したことないように思われるけど、水蒸気を吸うと痰が少し柔らかくなるので、喉を下るというか流れ出す。するとえんげが上手くいかない状態だからむせる、カニューレを入れてると咳が上手くできない、呼吸が苦しくなる、というサイクルが始まる。つまり水蒸気を吸い込むと呼吸が急激に苦しくなる、苦行なのだ。

 

f:id:nyama825:20160811202702j:image

 

家族にもこの感覚を説明する例として、ストローでの呼吸と言っている。ストローで呼吸をして、その先から水滴がたまに入ってくる状態をそうぞうしてほしい、と。

急に1年以上も前の記憶が蘇ったのは、この呼吸困難な体験はトラウマに近くて、たまに夢を見る。夢では呼吸が苦しい状態で、シチェーションは色々だ。