読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

手術開始

オペ室に着くと、5、6人の麻酔スタッフが慌ただしく動いている。
ベッドに乗る、そして横を向くように指示されてそうする。今回の手術は事前に知らされていたように、脊椎に痛み止めを打ち込む方法だ。その前に、肩甲骨したに筋肉注射を打つ。そこそこ痛い。
一旦ブスっと打って、薬品が注入される。そして、間も無く注射がもう少し深いところまで押し込まれて、そこで薬注入だ。
第一段階はここまで。そして第二段階が始まる。
こんどは脊椎にベトの注射器を刺す。
そして麻酔医のひとがかなりの力で押し込む。ギュギュ、ギュギュって感じで数回やったら終わり。
それで再び仰向けになる。
口から呼吸ようのチューブを入れるから、弱い麻酔をかけますねー、とガスマスクをした。するとそこで意識を失った。起きたのは、予定通りICUのベッドだった。
右肩から腹部にかけてドーンとした鈍い痛みがある。でも声が出るから、話はできる。去年とは大違いだ。
ここで明日の朝までを過ごすことになった。