読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

麻酔科と呼吸器外科の診察でした

もうすぐ手術なので、準備として今日はまず麻酔科にゴー。
そこで、手術の時の麻酔の手法と種類の説明を受けて同意書をもらった。
今回は痛み止めを最初から打ち込むため、背中に軽い痛み止めを打って、その後に背骨に痛み止めを打ち込むそうだ。無痛分娩の時に打つやつとやり方が似てる。そのあとに、静脈点滴麻酔が入ってノックアウトされるそうだ。1年前もやったから似たようなものか。

その後に、呼吸器外科に行って手術の方法を聞きに行った。
まずは、2週間前に撮影した脳のMRIの結果の説明だ。問題なし。
手術は事前情報の通り、胸腔鏡方式だ。穴は2箇所だそうで、事前調査の3箇所ではなかった。色々とやり方があるのだろう。
そこで、術中に病理検査をやるとか、癒着がひどい時は開胸しますとか、またその場合は肋骨を一本切るとか、まーー真面目に聞くと自分は死んじゃうのかと思うほど色々とでてきた。ここまでくるとビビることはなく、宜しくお願いします、としかいうこと以外ないよ。
で、手術は来週じゃなくて再来週になりそうだ。