読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

PET検査終了

去年やったので、今日が2回目だ。
いつも通り、受付を経由して、厳重な厚い自動ドアをくぐって到着。まずは、血糖値と血圧検査だ。両方とも正常値だから問題なし。血糖値の検査は、人差し指に小さな針を刺して血を絞り出してやる。
 少し待ったあと、薬品の注入だ。
 点滴の要領で、上腕を縛る、そして針を注射する。PET用の薬品は一気にはいれない。管がポンプ式のマシンにつながっていて、1分間かけて注入される。終わると控え室にいん。試着室みたいなスペースに椅子がおいてある。そこで安静に待つという仕組みだ。50分じっとして何もせずに待たなければならない。薬の糖が癌の細胞に吸い寄せられて、それをx線で撮影して体のどの部分に多く集積しているかを見る。集まって写っていれば、そこに腫瘍がある可能性が高いということだ。待っている間に運動をすると、筋肉に糖が行ってしまうらしいので安静を維持しなければならない。
 トータルで2時間かかる検査が終わった。
 1週間すると結果が出るが、来週後半は研修とかで不在にするし、再来週はメキシコに出張する予定なので月末に結果を聞きにくることにした。緊急性はないとも主治医のコメントを確認したので大丈夫だろう。
 いつも思うが検査待合室では1番目か2番目に若い方だ。