読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマヤマの中咽頭癌と戦うブログ

2015/03に手術、5月から放射線治療を体験しました。その後2016/03に胸腔鏡下の肺下葉摘出も体験。

なでしこジャパン

自分はサッカーはWCの時だけ見る。応援するのが日本と決まっているからだ。jリーグを見ないのはどこを応援していいかわからないからだ。実はプロ野球も中継はほとんど見ない。少年時代は自分でもやっていたが、いまみるとスポーツとしてのペースが遅い。また、サッカーと同じく、応援するチームがない。よって、プレーヤーを応援することになり、大谷や黒田とかが出ると試合中継を観る気が起きるのだ。

 

そう考えると、本当の意味での世界選手権ができるスポーツってどれだろうと考えてみた。

野球はWBCをやるけど、出る選手がベストとは言えないし、まず本気でやっている国が少ないから世界選手権というには寂しい。

 

バスケットボールはオリンピックかもしれないが、プロなのかアマなのか混合なのか国によってバラバラで よくわからない。

 

アイスホッケーはアフリカやアジアと南米から出場がほとんどなくて、北半球WCみたいだからボツ。

 

オリンピックのうち、マラソン含む陸上と水泳は世界の頂点はここだ、のオーラというか選手の真剣味が感じられて、実際世界記録がよく更新されている。

 

サッカーはプロも入る、参加国が多い、真剣にやっている、と本当の意味での世界選手権と感じる。FIFAの賄賂もワールドクラスだ。だからWCはみている。